内科 診療科目のご案内

内科

内科は「からだ全体を診る総合的な診療科」です。
もともとは手術以外の治療を行う診療科でしたが、最近では動脈硬化で細くなった心臓の動脈をカテーテルや風船、ステントを使用して拡張する手術や、脈が少なくなった患者様への心臓ペースメーカーの植え込み手術を、(循環器)内科で施行するなど、内科と外科の境界は曖昧になっています。内科には、循環器内科(心臓病、高血圧など)、呼吸器内科(肺炎、気管支喘息など)、消化器内科(胃潰瘍、肝炎など)、神経内科(脳梗塞、パーキンソン症候群など)、腎臓内科(慢性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、腎不全など)、内分泌内科(糖尿病、甲状腺疾患など)等があり、多くの病気を対象とします。
当院では、内科疾患全体を広く、診療すると同時に、循環器、肝臓、糖尿病、腎臓病については、専門的な診療も行っています。
一部の内科疾患については他の高次機能病院と連携して、ひとりひとりの患者様に必要な医療を提供しています。

循環器内科

循環器内科は高血圧、心臓病(狭心症、心筋梗塞、心不全、不整脈)、大血管の病気(大動脈解離、動脈瘤、閉塞性動脈硬化症)などの診療を行う内科です。
当院には循環器内科を担当する6人の常勤医がおり、上記のような疾患を持つ患者様の診療を毎日行っています。心電図、ホルタ―心電図(24時間心電図)、24時間血圧計、運動負荷試験(トレッドミル、エルゴメーター)、冠動脈CTに加えて、毎週金曜日には心臓カテーテル検査、冠動脈形成術、下肢動脈造影、下肢動脈の形成術も施行しています。
カテーテルによる検査治療は、狭心症の胸部症状を劇的に改善させ、下肢の閉塞性動脈硬化症による歩行時の疼痛を改善します。また、64列マルチスライスCTを用いた冠動脈CTは、狭心症や心筋梗塞の診断に力を発揮すると共に、冠動脈形成術の精度を向上させています。
また、循環器内科の多くの病気は患者様にとっては長年にわたりずっと付き合っていく病気です。循環器の担当医は外来診療において患者様と共にそれぞれの病気をコントロールし、病気があっても、その症状が少なくなるように、また、悪化して生命にかかわることのないように最善の治療を探していきます。

担当医師

内科医師紹介はこちら

糖尿病内科

糖尿病は血糖値が高くなる病気で、足のしびれや喉の渇き、頻尿などの症状が出たり、放っておくと眼や腎臓の病気、心筋梗塞や脳梗塞などの重篤な合併症を引き起こす原因にもなってしまいます。境界型を含めた糖尿病患者さんの割合は成人の約5人に1人といわれていますが、症状がないためにきちんと診断されていなかったり、治療を受けずに過ごされている方も少なくありません。健診で血糖の異常を指摘されたり何か気になる症状のある方は、専門医にご相談ください。

担当医師

内科医師紹介はこちら

腎臓内科

腎臓内科は、血尿やタンパク尿が続く方や、腎機能が低下した方を診断、治療する内科です。具体的には、慢性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、そして糖尿病、膠原病といった全身疾患に伴う腎疾患を対象とします。また、それらの腎疾患の終末像である慢性腎不全も対象としています。
最近、慢性腎臓病(Chronic Kidney disease; CKD)という概念が注目されています。3ヶ月以上検尿異常が持続するか、または腎機能が低下した場合をCKDと定義するようになりました。腎臓内科は正にこの慢性腎臓病を対象とします。CKDは、末期腎不全に至る可能性があるだけでなく、心血管病の危険因子であることも明らかになってきました。
CKDの一部は進行を抑制する(あるいは完全に進行を止める)ことが可能になってきています。ですから、CKDを早期に発見し治療をしていくことが、その後の腎不全発症の防止に重要です。現在までに健康診断などで腎臓の欄に異常を指摘された方は、早めの専門医の診察が望ましいと思われます。
当院では月、水、金曜の午後に腎臓内科の外来診察を行っています。的確な診断や腎臓の機能を維持するための最良の治療をめざして診療を行っています。

担当医師

内科医師紹介はこちら

透析

慢性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、そして糖尿病、膠原病といった全身疾患に伴う腎疾患では、その進行を遅らせるために治療を続けています。しかし、それらの腎疾患が進行すれば終末像である慢性腎不全へ進展します。残念ながら慢性腎不全が進行して、食事療法や薬物療法だけでは治療が困難となった患者様には機械を使用して血液の浄化を行う慢性血液透析も施行しております。基本的には1回に4時間程度の透析を行い、それを週に3回行います。
腎臓内科の医師を中心に患者様と話し合いながら、透析をしていても動脈硬化やその他の合併症を進行させない透析をめざしていきます。

担当医師

内科医師紹介はこちら

肝臓・消化器内科

慢性肝疾患に対する血液生化学検査や画像診断(腹部超音波検査、CT、MRI)を行うことができます。治療が必要と判断された場合には、B型肝炎及びC型肝炎に対する抗ウイルス剤やインターフェロン治療などを行うことが可能です。消化管疾患に対しては、上部消化管造影、下部消化管造影、上部消化管内視鏡、下部消化管内視鏡、腹部超音波、腹部CT、腹部MRI、MRCPなどの検査が可能です。治療が必要な場合には、内視鏡的止血術、内視鏡的ポリープ切除術、内視鏡的粘膜切除術、内視鏡的静脈瘤結紮術、消化管ステント留置術、バルーン拡張術、胆道ドレナージ術、内視鏡的乳頭切開術などの内視鏡的治療も施行しております。

担当医師

内科医師紹介はこちら

内科医師紹介

陣内 重三

専門領域
循環器内科
出身大学
久留米大学医学部卒(医学博士)
資格
  • 日本循環器学会認定循環器専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本リハビリテーション医学会認定臨床医
  • 日本医師会認定産業医
ひとこと
専門分野の循環器内科をはじめ、篠栗病院の内科医師として地域に密着した診療を心掛けてきました。
年をとったり病気になっても、皆様が安心して生活できるよう、医療や介護を提供いたします。

陣内 陽子

専門領域
糖尿病内科
出身大学
久留米大学医学部卒
資格
  • 日本糖尿病学会専門医
  • 日本内科学会認定内科医
ひとこと
糖尿病の治療においては食事と運動療法が基本となります。様々な生活習慣の患者様が治療を継続できるように、より良い方針を選択するため、しっかりとお話を聞くように心がけています。

住田 英二

専門領域
循環器内科 / 腎臓内科 / 透析
出身大学
久留米大学医学部卒(医学博士)
資格
  • 日本循環器学会認定循環器専門医
  • 日本内科学会認定内科医
ひとこと
循環器内科が専門ですが、一般内科の患者さんも担当しています。当院はご高齢の患者さんが多く一人の患者さんが、多くの疾患をもっていることもしばしばです。患者さんとよく話し合いながらひとつひとつの疾患をよりよい状態に保つことを心がけています。

長岡 栄

専門領域
肝臓/消化器内科
出身大学
久留米大学医学部卒(医学博士)
資格
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本肝臓学会肝臓専門医
  • 日本消化器病学会消化器病専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
ひとこと
良質な医療を提供できるように心がけたいと思います。

菅野 良

専門領域
循環器内科
出身大学
久留米大学医学部卒(医学博士)
資格
  • 日本循環器学会認定循環器専門医
  • 日本内科学会認定内科医
ひとこと
専門は循環器一般です。患者様にわかり易く説明することを心がけています。

三輪 宜一

専門領域
循環器内科
出身大学
九州大学医学部卒(医学博士)
資格
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本循環器学会認定循環器専門医
ひとこと
循環器疾患を中心に一般内科の診療をしています。

福本 久昭

専門領域
循環器内科
出身大学
金沢医科大学医学部卒
資格
  • 日本内科学会認定内科医
ひとこと
当院の基本理念に基づいた診療を心掛けます。

陣内 裕子

専門領域
循環器内科/糖尿病内科
出身大学
久留米大学医学部卒(医学博士)
資格
  • 日本循環器学会認定循環器専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 九州大学医学部 臨床准教授
ひとこと
専門分野は循環器内科と糖尿病ですが、総合的な内科診療を行っています。何か症状があってお困りの方や健診で異常を指摘されて心配な方など、いつでも気軽にご相談ください。地域の皆様の健康と安心を心がけて、日々の医療に携わらせていただきます。

鐘ヶ江 靖夫

専門領域
循環器内科(冠動脈インターベンション、ペースメーカ-、先天性心疾患)
出身大学
九州大学医学部卒
資格
  • 日本循環器学会認定循環器専門医
  • 日本心血管インターベンション学会専門医
  • 日本外科学会専門医
ひとこと
元々の専門は心臓血管外科でしたが、14年前より冠動脈インターベンション(PCI)、に従事し、今まで1200例以上のPCIを術者として施行してまいりました。難しい症例にも対応しますので、他院でPCIを断られたなど、お困りの場合は遠慮無くご相談ください。
ペースメーカーに関しましては、スクリューインリードを用いた心房中隔ならびに心室中隔ペーシングを全例に行っております。術後全く安静を要せず、非常に楽ですので、高齢者に特にお勧めです。

金山 兼司

専門領域
消化器内科
出身大学
高知医科大学医学部医学科
資格
  • 医学博士
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本消化器病内視鏡学会専門医・指導医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化管学会胃腸科認定医・専門医・指導医
  • 日本体育協会公認スポーツドクター
ひとこと
地域の皆様に喜んでいただけますよう務めてまいりたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

診療科目のご案内

  • 内科
  • 外科
  • 整形外科・リハビリテーション科
  • 放射線・放射線診断
  • 精神科
  • 歯科
  • 耳鼻咽喉科
  • 皮膚科
  • 予防接種
  • 透析
  • 検診・特定健診
  • 人間ドック
入院のご案内 外来担当表
Copyright © 2015 福岡県糟屋郡篠栗町の篠栗病院(健康診断、人間ドック、リハビリテーション、急性期医療から在宅医療などの総合病院) All Rights Reserved.
PAGE TOP